上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30cmエビ水槽に、なんか小さな物体が・・・

少し前に金魚の稚魚が1匹まぎれこんでいた事があり(侵入経路は不明…)
またまた金魚か?とも思ったのですが、なんか違う。

やたら数が多いし、水流に乗ってふわふわ舞っている感じなのですが、
よーく観察していると、時々ピンッ!と跳ねるのです!!


これはエビですよね…( ̄∇ ̄*)


以前、ヌマエビの事をちらっと書いたのですが、一つの疑問。
我が家にいるヌマエビは、ヤマトさんか?それともミナミさんか?

パパに聞いたところ・・・



単なるヌマエビ。 だそう。

Wikipediaで検索してみると、たしかにありました! 単なるヌマエビ。

抱卵していたヌマさんが数匹入っていたので、恐らくヌマさんの稚エビだと思いますが
ミナミさんもいるので、ミナミさんの稚エビである可能性も捨てきれません…。
※見た目でミナミさんとヌマさん、見分けられないんで(笑)


という訳で、写真です。
稚エビ

めちゃめちゃわかりにくいですよね(汗)
※私のカメラでは、これだけ撮るのが限界です。(腕のせい?とかいう疑問はさておき)


大きさ5mmにも満たないような、小さな小さな稚エビがたくさん泳いでます。

そこで心配になるのが餌ですね。
調べたところ、モスの新芽やコケを食べるため特別な餌は必要無いという説もあり、
いやいや孵化直後の稚エビの段階でどれだけ餌が食べられるかによって、その後の
生存率に大きく影響するという説もあり…

とりあえず現在我が家にある物で餌になりそうな物…

ブラインシュリンプ(孵化させるタイプ)
殻無しブライン(粉末)
ひかりエビ(今日買ってきました…)(^ _ ^ ;)
シュリンプバクター(バクテリア?)

こんな感じでしょうか…
色々試してみます♪



P.S.
先日の「水質検査」の記事に関しまして、不快な思いをされた方がいらっしゃると
いうご指摘を頂きました。
私の配慮が足りなかった点、深くお詫び致しますと共に、丁寧なアドバイスを
下さった皆様方には心より感謝致しております。*^^*
上記の理由から、当該記事を非公開にさせて頂きました事、ご了承下さいませ。
皆様に頂いたアドバイスは、ノートに記録し、大切に保管しております。
何かと至らない点も多いかと思いますが、今後共どうぞよろしくお願い致します♪




*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓ポチ♪して頂けると励みになります




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
スポンサーサイト
こう見えても我慢強いnyankoです。( ̄∇ ̄*)
※PCの前でブッと吹き出された方が何名かいるような気がします。(笑)

衝動買いなんて、とんでもない!!




ん~

何デスカ、コレ・・・?

ミドリフグ1






いやいやいや、参りました。
「一目惚れ」って、ホントにあるんですね。
一目みて、ノックアウトです。
一応は我慢しようと努力したんですよ。
「だめだめ、これ以上、これ以上、水槽を増やす訳には…」


その時、こんなの見つけちゃったんです。
ミドリフグ2


至れり尽くせりな飼育8点セット♪


しかも!

ミドリフグ3


生体100円割引券付き!!(°∇°*)


ここまでされたら、
買わずに帰る理由が無いって感じで!(笑)


買ってしまいました~


買ってしまいましたぁ~!
※正直、高かったです…(水槽が)
※お陰で本来ここで買おうと思っていた物が買えなくなりました(笑)


でも、いいんです!


めちゃめちゃ可愛いんです!!


紹介します♪


ミドリフグ4

ミドリフグ♪


図鑑では見た事があるのですが、実物を見たのは初めてです。
一目みて、心奪われました…(ちょっと写真写り悪いですが…)
アベニーの小柄で可憐な姿とはまたちょっと違って、

デカイです。(^ _ ^ ;)

現在2cmぐらい。
8cmぐらいになるそうなので、今後の成長が楽しみです♪


初めての海水ですよ。

※本来は汽水ですが、ショップでは海水と同じ濃度だと言ってました…。

海水用比重計(ボーメ度計?)も買いました!


もう今月のお小遣い
使い果たしちゃいましたから(汗)


本当は淡水と一緒で、水ができてから魚をお迎えするべきなのでしょうが、
何しろ「海水」ですし。
淡水の魚をパイロットフィッシュとして入れる訳にはいきません…。
かといって海水魚をパイロットフィッシュとして買ったら、フグをお迎えする時に
移す水槽が無くて困ってしまいます。
魚を入れずに濾過器を回していても水はできないでしょうし…

と、色々考えた末、ミドリフグがパイロットフィッシュになってしまいました。(^ _ ^ ;)
水ができるまで、なんとか乗り越えてほしいです…。


予算の都合で、まだ寂しい水槽ですが…
ミドリフグ5


いずれは色々と入れたいですね…。

サンゴとか…
イソギンチャクとか…
はたまたクラゲとか…?

やや、何やら怪しい世界へと足を踏み出していきそうな予感…Σ(´Д`lll)


P.S.
コメレスが滞っております…なかなか時間が取れなくて、ごめんなさいッ!!


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓ポチ♪して頂けると励みになります




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
2008.05.24 水槽の行方
着々と水槽が増えている我が家ですが…。

以前、キッチンカウンターに置いている水槽の写真を紹介しました。
↓コチラです。
キッチン

左から60cmスリム、30cm(エビ)、20cm水槽でした。


その後、30cmフグ水槽がひとつ増えましたね?( ̄∇ ̄*)

では、現在のキッチンカウンターを見てみましょう♪

水槽0520


おかしいですね。
水槽が増えていません。



あッ!!








えび水槽0520


なっ

なぜか階段の踊り場に水槽がポツンと・・・( ̄▽ ̄;)!!
※ヌマエビ水槽


詰めれば4個ぐらい置けない事もないんですが、
美観の都合上、
強度の都合上、
電源の都合上、
etc…の事情により、カウンターには3個が限界。

という状況の中で、
なぜ後から来たフグ水槽が、カウンターのど真ん中を占領しているのか(笑)



答えは簡単。だって、キッチンですから!
キッチンといえば、私のマイルームみたいなもんですから!(笑)
※子供部屋、夫の書斎はあっても、妻の部屋って意外と無いですよね…(^ _ ^ ;)

家族から、

「最近、夕飯が遅い…」トカ、
「気付けばいつも魚ばかり眺めてる」トカ、
「魚の写真ばっかし必死で撮ってる」トカ、

ブーイングが出ようとも、いいんですっ!!

私の水槽はココ!と決めてるんですッ!!



さて、そんな状況下でですね、

近々、レッドビー用の40cm水槽を立ち上げる予定。

置き場はもちろん、ココと決めてます。(勝手に。)(^ _ ^ ;)



「あのさぁ、60cmか20cm、どっちでもいいから、どけてくれない?(鬼嫁)( ̄∇ ̄*)」


現在、パパに打診中…



*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓皆様のお陰でジワジワと上昇中♪ 1Clickでぐぐぐん♪とランクアップします!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
30cmフグ水槽の水草を紹介したいと思います。
(記事にでも書いておかないと、すぐに忘れてしまうので…)

まずはコチラ。以前レッドビーのために買ったものです。

流木ナナ

流木付きなので結構いいお値段しましたが、奮発しました♪

これ、「ナナ」って言うんでしたっけ?
※しかも正式名称わかりません。(^ _ ^ ;)

パクさんはかなりお気に入りなようで、ナナを寝床にしています♪

奥に少し見えているのがマツモ2本。

そして、

サジタリア

これは昨日買ってきたばかりの水草です。
アベニーを複数飼いするには、丈の高い水草で視線を遮るのが良いと言われましたが
レイアウト的には低いのも欲しいかな、と思って。(^ _ ^ ;)

これの名前が思い出せなくて、昨日は随分苦労しました…(笑)
ショップで、覚えて帰ろう!って、しっかり覚えてきたつもりなのに。
帰宅したら見事に記憶から消えてましたね…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

「サ」で始まる5文字! という事だけ、かろうじて覚えていて。

サ、サ、サ・・・

サイゼリヤ? ( ̄∇ ̄*)

とか思いついたら最後、もう頭の中はサイゼリヤしか出てきませんから。(笑)

後で水草のページを眺めていて、やっと見つけました!

サジタリアです。(^ _ ^ ;)
ランナーで横に横に伸びていくタイプの水草だそうです。

さらに、

ラージパールグラス


この右側に写っている水草、これも昨日買ってきたんですが、
こちらに至っては、いまだに名前が思い出せてません。(汗)

丈がひょろっと長くて、シンプルな水草です。
「ケーなんとか…」だったような…気がするんですが…
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい!!

左側に写っている丸っこくて可愛らしい水草は、
ラージパールグラスです。
こちらはオークションで買いました♪

あと写真ではわかりにくいですが、水面に浮いているのが
フロッグピットマスターです。
私、個人的には浮き草も大好きなんです♪
成長すると10cmぐらいの大きさになるらしいので、楽しみです!


それからもうひとつ…
恥をかきついでに、皆様に教えて頂きたいものがあります…。

「佗び草」ってありますよね。
すごく可愛いですよね♪
密かに欲しいんですけど・・・





読めないんですよね(滝汗)


おバカですみません…。小学校からやり直したほうがいいでしょうか…( ̄▽ ̄;)!!


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓ポチ♪して頂けると励みになります




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
フグ記事3連チャンですね・・・*^^*

アベニー、本当に可愛くて、ついつい時間を忘れて眺めてしまいます♪

観察していると、色んな発見があったりしますよね♪

例えば・・・

パクさんが・・・








フグ1

増えてるッ!!トカ。

ヾ(°∇°*) あり得ない…。


あは♪

あははははははは・・・♪♪♪

※しかも今までの記事からして、堂々と写真に写っているこの2匹がパクさんじゃ
 ない事は、勘のいい皆様なら既におわかりかと…(^ _ ^ ;)


アベニーが同種間でも喧嘩をするのは知っています。
けれど色々と調べた結果、単独飼い、もしくは多数飼いが良いと。
元々アベニーって、群れで生活しているんですって。

「2匹」は良くないそうです。
1対1の関係になってしまうと、強い方が弱い方を徹底的にいじめるらしいので、
複数飼うなら、3匹以上が良いという事で。
30cmの水槽なのであまりたくさんは飼えませんから、3匹にしました。

できるだけ水草や流木など、逃げ場(隠れ場)になるような物を入れた方が
良いという事なので、今回、水草を追加購入して、水槽のレイアウトも少し
変えてみました♪

フグ2


ついでに砂利が少なかったので、コトブキの「ろかジャリ」を買ってみました♪

※これまた以前の記事をご存知の方には「まーた砂利の上に敷いてる~!!」と
 突っ込まれそうな予感です(笑)


まだ水がかなり白濁りしていますが、今のところアベニーさん達、喧嘩は無く
お互い様子を伺っているという所でしょうか。

一応、パクさんが♀という予想で、
今回追加したのは、♂1、♀1です。

繁殖にもチャレンジしてみたいなぁ~なんて。(^ _ ^ ;)(^ _ ^ ;)


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓ポチ♪して頂けると励みになります




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
2008.05.21 赤虫
個人的には乾燥赤虫の方が好きなんですケド…(^ _ ^ ;)
可愛いパクさんのためですから、仕方ありません(笑)

赤虫1

冷凍赤虫~(´Д`lll)

水にチャポンと浸けてみると…

赤虫2


げげ~ッΣ(´Д`lll)

こういうの、ホント苦手なんですけど、
可愛い可愛いパクさんのためですから、仕方ありません(爆)

この赤虫をピンセットでつまんで、手渡しで食べさせる瞬間というのは、
アベニーを飼う醍醐味とも言えますね♪

ススーッと寄ってきて、パクッと食いついて、ちゅるちゅる~ッ

そ、そうだ。写真、写真。

餌に集中してる時なら、写真も撮らせてくれるかも!

そーっとデジカメを構えて・・・

赤虫3


既にいません。(汗)
※上の方に写ってるのは、パイロットフィッシュとして入れているヒメダカ。(^ _ ^ ;)


パクさん、さすがです。
どこかにセンサーでも付いてるんでしょうか(笑)

ま、ちょっとこの状態でしばらく待ってみるか・・・(ひょこっと来るかも?)

左手にピンセット(しかも赤虫をしっかり掴んだ状態)

右手にデジカメ(半押しでピントを合わせた状態)


待つ事、5分。


そろそろ手が。
手が・・・!
プルプル・・・


パクさんは・・・

赤虫4

ヒーターの陰からずっと赤虫を見ていました。

こんな小さな魚だけど、すごいんですよ。
ものすごく目がいいですね。

赤虫を見て、キョロっと私を見て、また赤虫を見て、キョロっと私を見て…

食べたいんだけど、でもカメラが!
うーんでもやっぱり食べたい。いやいやあそこにカメラが!
うーーーーーん、でもやっぱりあの赤虫気になるぅ、かっカメラがぁぁぁ

ってね、心の中で必死に葛藤してるのが、わかるから面白い!(笑)

なんとか餌を食べてるパクさんの写真を撮りたいです!!
カメラのカモフラージュ作戦、考えるかなぁ…(迷彩柄とか?)

さて、パクさんは赤虫といっても、3本ぐらいしか食べません。(^ _ ^ ;)
これ、1ブロック解凍しても、めっちゃ困る訳です。
※もう少し小分けのがあったらいいなぁって思うんですが。

隣の水槽でソワソワしている熱帯魚さんたちにもあげてみる事に♪

赤虫5

大・興・奮♪

こちらは豪快で気持ちいいですね。(^ _ ^ ;)
でもでも、1日1ブロック使っちゃうと経済的にちょっと…なもんで、
とりあえず残しておいて保存する事に。

けっこう日持ちすると聞いたんですけど~

赤虫6

冷蔵庫に入れるのはかなり抵抗ありますね~o(T^T)o
※入れましたが…(ペット専用の冷蔵庫が欲しい今日この頃。)


そんなこんなで、パクさんは、今日も元気です♪

アベニー

『あ!今、隠し撮りしたでしょッ!!』 byパク


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
↓ポチ♪して頂けると励みになります




にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
今朝、子供を保育園に送って帰宅すると、パパがこんな顔をしました…


Σ(´Д`lll)



何何?


(°∇°*) アラッ

私ったら、なぜ水槽なんて持っているのかしら・・・(記憶喪失)



しらじらしい言い訳はこの辺にして、と。(笑)


いそいそと立ち上げたのは、こちら、30cmの水槽です。(^ _ ^ ;)

パクさん1



本当はオシャレなのが欲しかったんですが、予算の都合により、
GEXの「金魚のお部屋S」です。(^ _ ^ ;)(^ _ ^ ;)
※別途、外掛け式のフィルターも購入。


さてさて、ここの住人は誰なのかと申しますと・・・



パクさん1

この子です!
※ちょっと写真写り悪くてごめんなさい…。カメラ嫌いなもので。


我が家のアベニーパファ、名前は「パクさん」といいます(笑)
今までずっとパパの60cm水槽で、たくさんの熱帯魚たちと一緒に過ごしていました。

他の魚のヒレをパクッ、パクッとつつくので、「パクさん」です。(我が家は単純命名)

ま、他の魚も、それなりにうまく逃げているし、このままでもいいかな?とも思ったんですが
一つ大きな問題がありました。
「餌」です。

アベニーは人工の「熱帯魚の餌」を食べません。
主な餌となるのは「赤虫」
そこで乾燥赤虫を買ってきて与えていたのですが、赤虫といえば他の魚も大好物♪
入れても入れても他の熱帯魚たちが、ものすごい勢いで食べてしまうのです。

アベニーは結構のんびりしていて、(いざという時はウリャーッと行きますが)
餌を見つけても、狙いを定めて、定めて、定めて、よし、そろそろ行くか?行くか?
とか言ってる間に、もう水面の赤虫は無くなってる状態(笑)
うまく見つけて一口パクッと食べたとしても、パフッと、あら口から出ちゃった、
とか言ってる間に、横からきたテトラがピューッと食い逃げ(笑)

もうね、パクさんに赤虫を一口食べさせるために、どんだけ赤虫入れなきゃ
いけないんですかッ?!という状況だったのです…(^ _ ^ ;)

それに、このアベニーは、パパがネットで魚を注文する時に、私が一目惚れして
お願いしてお願いして買ってもらった魚。
やっぱりアベニーはアベニーだけで、のんびりまったりと泳がせて、見てるコチラも
癒されたいですよね♪

という訳で、今回、アベニー水槽を立ち上げてしまいました。

今はまだ、新しい環境に慣れないのか、水草の陰に隠れてじっとしています。
この子は極度のカメラ嫌いで、カメラを向けるとマッハのスピードで逃げていきます。

もし可愛い写真が撮れたら、またアップしますね♪


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
2008.05.19 種水
40cm水槽で心機一転、ヒメダカをパイロットフィッシュに水作りをしていこうと
思っています♪

暑い夏は避けて、今秋頃に再びレッドビーをお迎えできたらいいなぁ♪♪



さて。


「種水」という言葉を知ったのはつい最近な私です(滝汗)

残念ながら我が家には種水を取れるようなバクテリア豊富な水槽がありません。
(ほとんど同時期に立ち上げてますから…)

また、身近に種水をもらえるようなアクアリストの知り合いもいないので、
水道水を使って、ゼロからの立ち上げとなります。


で、ふと思ったんですけど。


種水


↑コレ、現在ベランダで金魚の稚魚が育っている水槽タライです。

かれこれ一ヶ月ぐらいになるでしょうか。
一度も水換えしてません。
中にいる稚魚はざっと見積もって1,000匹ぐらい?
餌として毎日ブラインシュリンプを与えています。
濾過器は使わず、エアレーションのみ。
一応、日陰は作っていますが、ご覧の通り、アオコたっぷりもっさり(笑)

ま、きったない水ですが…



バクテリア…

わんさか居そうな気が…?(素人判断)



これ、種水に使ったらどうかな~?
なんて考えているんですが、どうでしょうか???

やめといた方がいいかなぁ(苦笑)
グッピーの稚魚に、私の使っていた30cm水槽を提供するハズでしたが…

昨日、事態が急変。

パパの60cm水槽にいるヌマエビが、バタバタと☆になり始めたのです。
※この水槽もまた、水ができあがっていない上にかなりの過密状態。

そこで急遽、抱卵中のヌマエビを、30cm水槽へ移しました。

パパの水槽にいた時は、卵に酸素を送るシャワシャワ(足を動かす)が
見られなかったのですが、またシャワシャワするようになったので一安心です♪

餌もしっかり食べてます♪

ヌマさんず1

ヌマさんず2



レッドビーを全滅させてしまった、この水槽。

皮肉にも、ヌマエビさんにとっては住み心地が良いようです。
※少なくともパパの水槽よりは。(^ _ ^ ;)


ところで。
ここにきてひとつ問題が。

水槽立ち上げ当初からの住人、「ミナミさん」の存在がすっかり薄くなってしまいました。

っていうか、ミナミさんとヌマさんの違いが、わかりません・・・(汗)
どなたかご存知の方、教えて下さい!!
昨日、初出産したグッピー。
稚魚をよくよく確認したところ、7匹確認!


で、稚魚を隔離できたら一番いいんですが、
ちょっとそんな環境を新たに用意してあげられないので…



母さんたちを隔離する事に!
グッピー母さん1

※ベビーボックスなる物を設置してみました。

水槽の底では、稚魚が元気に泳いでいます!
グッピー母さん2


上の母さんたちから文句が聞こえてきそうですね(笑)

「ちょっとちょっとぉ~、私たちの待遇、ひどすぎるんじゃないのぉ~?%93%7B%82%E9


これに入れると狭いので、ストレスから産まなくなるという話も聞きましたが、

ついさっき、ベビーボックスの下部に10匹ほどの稚魚を確認!!

続々と産まれています♪

金魚の稚魚生存率はかなり低いんですが、グッピーは果たしてどうでしょうか?
ドキドキの稚魚育ての始まりですッ♪♪


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#
なかなか産まれないので、最近ちょっと気が緩んでました。

今朝、一番に見つけて驚きの声を上げたのはパパです!

ついに我が家のグッピー、初の稚魚誕生ですよ~♪

グッピー赤ちゃん


写真、とってもわかりにくいですが…(^ _ ^ ;)
卵ではなく稚魚で産まれてくるグッピー、
金魚の稚魚より、大きくてしっかりしてますね。*^^*

ただ・・・
3匹ぐらいしか確認できないんですよね。
初産だから少ない?
いやいや、今回気付くのが遅かったので、食べられちゃったのかもしれませんね。
※一応、底に金網してますが、完全に分離できている訳ではないので…

まぁ、まだあと3匹お腹の大きい子がいますし…
聞く所によると、グッピーって、3回に分けて出産し続けるとか?(汗)

とにかく稚魚を育てたいパパ。(養殖願望かなり強いらしい…)

稚魚専用の水槽を作る事になり・・・

協議の結果、私の30cm水槽を提供する事になりました。

え?

エビ飼育、諦めちゃうの???












まさか!(笑)


40cm水槽


ま、そんなに変わらないんですけど、40cmの水槽です♪
もちろん、水・砂・流木・水草・濾過材などはすべてそのまま移設するつもりです。
たいしてバクテリアはいませんが(汗)、ゼロからの水よりは幾分いいですよね。

また色々と忙しくなりそうですが、頑張ります!
昨日は子供の用事で朝から夕方まで外出していました。
夕方帰宅して、一番にエビ水槽を覗いたのですが・・・

朝はツマツマしながら水槽内を歩いたりしていたレッドビー、
エビシェルターの中でひっくり返っていました・・・o(T^T)o

ショックで言葉も出ませんが、kzyさんが書いて下さった通り、水がまだ
出来上がっていなかったのが一番の問題のようですね。

なのに、濾過器がしょぼいからダメなんじゃないか?とか考えてしまう自分、
まだまだ本当に勉強不足だと実感しました。

レッドビーをお迎えするには、まだまだ早すぎましたね…。

次にレッドビーをお迎えするために、この水をなんとかレッドビーにとって
良い環境の水に変えていきたいと思います!

そこでいくつか質問なのですが(最近、記事が質問欄になっちゃってますが…)

・バクテリアを増殖させるために、水換えは一切せず放置した方が良いのでしょうか?
・パイロットフィッシュ的役割は、ヌマエビよりも魚の方が良いでしょうか?
(沈む餌はふやけて広がって砂に埋まったりするので水がすごく汚れる気がします。)
・シュリンプバクターや、スーパーバイオ等の添加は効果的でしょうか?
・バクテリアが十分に繁殖したかどうかは、どうやって判断したら良いのでしょうか?


先輩アクアリストの皆様、
「アンタ、本当に何も知らないのね」なんて見捨てないで下さい!!


レッドビーの飼育はしばらく自粛しますが、いずれ必ずお迎えしたいと思っています♪
頑張りますので、どうぞご指導よろしくお願い致します。
kzyさんがとても的確な指摘をして下さっていました…。
はい、まさしくその通りになってしまったのです。


レッドビー水槽、崩壊寸前です。
※いや、もう崩壊したと言えるのかも…。

実は昨日、水質検査をしました。
一応、一週間に一度、実施しているんです。

前回、5/9には、

NO3-  25
NO2-   1

と、さほど悪くなかったんです。
水は澄んだままで、ガラス面にはコケ一つありませんし、今回も…と当然思っていたのですが。
結果は…

NO3-  250
NO2-   10

この数値にうろたえてしまいまして…。

慌てて1/3換水をしてしまいました。

これが弱っていたレッドビーに、とどめをさす形になってしまったのかもしれません。
夕方、2匹、☆になっているのを発見。

元々12匹いたレッドビーですが、半数ぐらいは5mmあるかないかの小さな稚エビで、
早い段階から姿を消していました。
kzyさんのご指摘通り、ソイルで生き埋めにしてしまった可能性もありますね…(反省)
また、その後投入したヒメダカに食べられてしまった可能性も…。
でもでも、どこかに隠れているかもしれないッという淡い希望も捨てきれないのですが。


こんな状況でして、現在、目で確認できるレッドビーは、

1匹です。

昨日の換水にも耐え、なんとか弱々しくもツマツマしています。(ノ_・、)

なんとか。

なんとかこの子だけは、頑張ってほしいと願いつつ…

亜硝酸の値をできるだけ下げてやらなくては…と思い、プリンカップでこまめに換水する事に
しました…。

先輩アクアリストの皆様、この悪状況をなんとか回復したいと思っているのですが、
どうすればよいでしょうか?

ちなみに更新が追いつかないのですが、パパが衝動買いしたヌマエビを私の水槽に
たくさん入れたのですが、小さな個体を残して、昨日ほとんどパパ水槽へ
移しました。
オトシン君は1匹☆になってしまいまして、やはりコケが無いので食料不足?
と思い、コケだらけのパパ水槽へ移しました。

なので現在の水槽内は、
レッドビー(1cmぐらいの子)1
ミナミさん(小)2
ヌマさん(小)4~5
レッドラムズホーン10

となっております。

濾過器・・・やはり水槽に付属していた小さな外掛け式では無理があるでしょうか…。
(底面式にしています。)

アドバイス、ぜひお願いします!!(ノ_・、)
2008.05.17 新入りさん♪
30cmのnyanko水槽、めまぐるしく住人が変化しております。(^ _ ^ ;)

ヒメダカは下記事情により退居して頂きまして、今回の新入りさんはコチラ。

レッドラムズホーン1


レッドラムズホーンです♪

オークションで見つけて、衝動買いしてしまいました。(^ _ ^ ;)

この貝はものすごい生命力ですね。
タッパーに入った状態で定形外で2日かかったにもかかわらず、全員元気に
届きました。

この貝を買った理由は、先輩アクアリストの皆様ならご存知かと思いますが、

「水質が悪化した時には水面に上がる習性がある!」


つまり水質悪化のバロメーターになる! という謳い文句に惹かれましたデス(笑)

これならレッドビーにもさほど悪影響は無いのでは?と勝手に思い込んでおりますが
どうでしょうか???
AJIANさんのコメントを読んでショックを受けました。
メダカって静かで大人しい魚だと思っていたのに。
いたのに~いたのに~いたのに~いたのに~

エビを食べてしまうなんて事が判明した以上、至急この水槽から出てもらわなくては…。

そこでヒジョーに悩みました。

また水槽が増える?(滝汗)

水槽だけなら別にいいんですよ。いくつ増えようが。(コラコラ)
ただ、1つ水槽が増えるという事は、少なくとも3本のコンセントが増える訳で…
キッチンカウンターという場所の都合上、正直もう限界という感じです。

そこで考えました。
濾過器なしでもいけるかな?(^ _ ^ ;)

ほら、あれですよ、あれ。
巷で流行ってるじゃないですか。(謎)


ビオトープ♪


ビオトープといえばスイレンか…(単純思考?)

という訳で早速ホームセンターにて物色。



スイレン鉢って、高いんですね…(汗)


予算の都合により、スイレンが入る大きさの鉢は買えませんでしたので(笑)

ビオトープ1

ホテイアオイで我慢。(^ _ ^ ;)


うんうん、なんかいい感じじゃないですか~♪( ̄∇+ ̄)v

という訳で5匹のヒメダカさん達、現在ベランダの日陰にて、元気にしております。
濾過器なしで、果たして水質が維持していけるのか、検査をしながら様子を見て
いきます。

ビオトープ2
私の水槽には「お仕事しない魚は入れない!」と豪語していたのですが
メダカは可愛いので買っちゃいました(笑)
※あんまり水も汚さないような気がしますし…(勝手な思い込み?)

ん~、でもでも、基本的には「残餌処理」「コケ取り」何でもいいので
お仕事してくれる魚を入れたいんですよね。

プレコ好きなんですが、巨大化するらしいのでやめました。(^ _ ^ ;)
コリも好きなんですが、パンダ君を入れてみて意外とダメでしたね…
元気なくなって痩せてきたので、パパの水槽に戻しました。
パパ「ママの水槽は綺麗すぎて食べる物ないんだよ・・・」
※コリの餌、ちゃんとあげてたんだけどなぁ。

という訳で、色々調べて、このお魚さんに決めましたッ!!

オトシンクルス1


オトシンクルス。
なまず系は大好きです♪
大きななまずも一度は飼ってみたいです!( ̄∇ ̄*)
適正水温がやや低めというのも、エビ水槽にはピッタリかなと思って。

ただ、飼育は容易だけれども、買ってきてすぐに死んでしまう事が多いと知り
かなりドキドキしながら水合わせをしました。
群泳する魚らしいんですが、水槽の大きさの都合で、2匹です。(^ _ ^ ;)

なんとか水合わせはうまくいったようで、1日経った今日も元気にしています♪
コリの餌を投入すると、一番に飛んできます(笑)

さらにコケの無いガラス面にくっついて、ハグハグしてくれてます♪
初日から、かなりの働き者ぶりを発揮してくれています!!

オトシンクルス


地味な魚なんだけど、大きな目がチャーミング♪
30cmのエビ水槽、毎日穏やかな時間がまったりと流れています。

子供「なんかママの水槽って寂しい・・・」

いいんですッ!

わっかんないかなぁ?

なんていうか、「静の世界」

ま、例えて言うなら、『日本庭園』って感じ?


ん~

でもやっぱ・・・




ちと寂しいか…(笑)


という訳で、衝動買いというよりは、買う気満々でショップに行った訳です。( ̄∇ ̄*)

熱帯魚屋って本当に楽しいですね!
見てるだけで癒されるし、時間の経つのも忘れてしまいます…。

さてさて。
私が買った魚とは・・・


ヒメダカ1


メダカです。

フツーのメダカです。(笑)

さらに言うならエサ用として売られていた、1匹11円のメダカです。(^ _ ^ ;)

いいんですよ。白メダカとか、黒メダカ、青メダカなど色々いますが、
私はこのヒメダカが一番好きです♪

黄色い体に赤いほっぺが、なんともいえなく可愛いです♪

これで、動きの無かった私の水槽が、ちょっといい感じになりました。(≧∇≦)

ヒメダカ2
私が管理している30cm水槽は、アベニーを入れる予定だったためエビ仕様では
ありません。

底砂も砂利ですし。
砂利

※コリのエサに群がるミナミさん、レッド君、パンダ君(左から)


少しずつエビ仕様に変えていかなくてはいけませんよね…
という訳で、こんな物を買ってみました♪

砂1


本当は砂利を全部取り除いて、新たにセッティングをやり直すのがベストなのでしょうが
なんせ極ミニサイズのレッドビーが、現在どこにいるのか確認できない状態…。
もう少しみんなが大きくなるまでは、下手にいじらない方がいいかなと思い、

砂2


砂利の上に敷いちゃいました(笑)


いやいや、でも黒い砂は、エビの赤が生えますね。

ヾ(°∇°*) チガウチガウ

映えますね♪( ̄∇ ̄*)


今ちょっと困っている事は、エサのやり方です。
そのまま砂の上に固形フードを置いてやってもいいんですが、時間が経つと
ふやけます。だんだんボロボロになっていきます。
エビって、魚ほど食欲旺盛という訳でもないので、どうしても残ってしまいます。
(まだ適切な量が把握できていないので…)

それを翌日スポイドで取るというのも、非常に面倒な作業ですよね。
砂の間に入り込んじゃったりして…。
(底面式フィルターのため、下へ下へ行ってしまうのかも)

なんかいい「エサ入れ」みたいな物はないかなぁ~と。

とりあえず、ありあわせの物でやってみたんですけど・・・

エサ入れ1

※ペットボトルの蓋です。


不評!!

誰も来てくれません。(涙)


仕方がないので、オブジェとして置いているガラスブロックの中に入れてみました。

エサ入れ2

※ガラスブロックの中からエサを引っぱり出そうとしているレッドビーたち♪



まだまだ試行錯誤は続きます・・・。

さてさて、ヒーターを入れていないこの水槽、
ここの所の冷え込みで、ついに水温が20度まで下がりました。

さすがにちょっと可哀相かなと思い、思い切ってもう一本ヒーターを買う事に。
ホームセンターに行ってみてびっくりしたんですが、サーモスタット付のは高いですね!
26度固定の物なら安価で買えるのですが、エビの最適水温は24度だとか。
26度固定式のヒーターを入れている60cm水槽の水温は27~28度ありますから、
やはりエビには少し高すぎる気がします…。

ん~、でもサーモスタット付きのは3千円以上するし…

しばし悩みまして、結局、固定式の物を買いました。(1,280円)

で、家に帰り、

「ねぇ、パパ。
ブラインシュリンプの孵化ってさぁ、厳密な温度管理、必要? ( ̄ー ̄にやっ

パパ「こ、交換してあげようか? (^ _ ^ ;)



交・渉・成・立♪


という訳で、1,280円で、Tetraのサーモ付ヒーターをゲットした私です♪( ̄∇+ ̄)v

ヒーター1

ヒーター2



おかげで水温も24度で安定しています♪

パンダ君たちも、なんだか嬉しそう?

パンダ君たち
3つある水槽のうち、中ぐらいの30cm水槽は、一応私の水槽という事に
なっています。(アベニーを入れる予定で買いましたからネ…)
諸事情でアベニーを入れられなくなり、ミナミさんとパンダ君を入れて
いたのですが…

やっぱり思っちゃうものですよね。


「なんか寂しいなぁ・・・」


私のコンセプトは、とにかく「水質安定!」
なんせ無精なもので、こまめな水換えとかたぶんできません…(^ _ ^ ;)
なので、「食べて排泄をするだけの魚」は入れないッ!と決めてます。

ミナミさんもパンダ君も、水槽の掃除屋さんとして名高いですよね(笑)

それを踏まえまして・・・

ついに買ってしまいましたデス。ハイ。


レッドビー1


レッドビーシュリンプ♪

初心者がいきなり手を出すかッ?!という感じなのですが(滝汗)
以前から、すっごく欲しかったんです!
でもショップに見に行ったら、1匹1,980円で売られていてビックリしたんです。
とても買えないですよ…。
どんなに奮発したとしても1匹が精一杯ってもんです。
・・・って、1匹じゃ寂しすぎるしって訳で。
ま、無理にレッドじゃなくても、ノーマルのビーシュリンプも可愛いなぁ♪
って、1匹398円のビーを眺めたりしてたんです。

が、ちょっとオークションで調べてみたところ、レッドビーの稚エビが、
10匹2,000円程度で落札できる事が判明。

買っちゃいました・・・(笑)

で、昨日届いた訳です。

死着補償分も含めて12匹、全員元気な姿で到着しましたッ♪♪

さて、どうしよう。
エビって、水質の変化にとっても敏感な生き物らしい…。
「水合わせは慎重に…」
「点滴法で1滴ずつ」
なんて話を小耳に挟んでいたのですが…(^ _ ^ ;)

さすがに1滴ずつなんて神業は私にはできず…(汗)
※普段、魚は20分ぐらいの簡単な温度合わせ程度で入れちゃってます(滝汗)

一応、慎重にという事で、温度合わせの後、ピペットで袋の中の水を1回取って捨て、
同量の水を水槽から取って袋に入れる・・・という作業を繰り返しました。

レッドビー2


私にしちゃ、すんごい頑張りましたよ!

実に3時間!!(10~15分間隔ぐらいで)この作業を繰り返しました!!

パパに「明後日ぐらいまでかかるの?」なんて言われながら…(笑)

それでも水槽に入れる時はドキドキしました。
せっかく遠路はるばる元気にやってきたのに、水合わせで失敗して全滅なんて
事態になったら悲しすぎますものね…(ノ_・、)


一応、第一関門は突破という所でしょうか。
水に入れた瞬間ショック死という事態は免れたようです(苦笑)
最初は環境の変化に落ち着かず、ソワソワあちこちをうろうろしていた
レッドビーたち♪

レッドビー3

※なかなか綺麗な写真が撮れなくて悔しいなぁ・・・か、カメラのせい?(コラ)


今回届いたレッドビーですが、大きい個体で1cmぐらい。
小さい個体は5mmあるかないかの、ほんとに小さな小さなエビさんで、
水槽に入れてしまった今、12匹全員を確認する事ができなくなりました(汗)

底面式フィルターを使用しているため、砂利の隙間から入っていって
フィルターに吸い込まれていないか、これが一番心配です…(^ _ ^ ;)
※ベースマット敷いておくべきでしたネ…
 当初アベニーを入れる予定で水槽セッティングしたもんで…(←言い訳)

砂利も、もう少しエビさん仕様の物に換えたほうがいいかなぁって思ってるんですが
なんせ現状、12匹全員を捕獲する事がかなり困難なため、
レッドビーたちがもっと大きくなるまで保留ですね・・・(^ _ ^ ;)

それにしても、レッドビー、ほんとにほんとに可愛いですッ(≧∇≦)♪

見ていて全然飽きないですね。
なんでいつも前足が忙しそうに動いてるんだろう・・・とか(笑)
おいおい、そんなトコ入ってっちゃダメだよ~とか
あ~、君はソコがお気に入りなんだね~♪とか。
つい見とれてしまいます。
キッチンの流しの真ん前にこの水槽はありますので…
キッチンに立っている時は、嫌でも目に入るんですね。
人参切ってても、「お!シャッターチャンス!」と慌ててデジカメを構えてみたり…
玉ねぎ剥いてても「ん?何やってるの?」とまじまじ観察してしまったり…

ん~、


家事が、はかどらないはかどらない!(笑)


ま、何はともあれ、
みんな、すくすくと育ってくれますように・・・♪

水質浄化の効果を期待して、浮き草を入れてみました!

浮き草1
可愛いなぁ~♪と眺めていたら、シルバーモーリーに異変を発見。
元気に泳いでいるのだけど、しっぽに白い点々が!!

調べてみたところ・・・白点病ですね。

慌ててホームセンターに「メチレンブルー」を買いに行きまして、
薬浴です!

モーリー白点病


薬浴中は絶食なんだそうです。
人間は病気になると栄養価の高いものを食べなきゃ!!ですが、
魚は違うんですね・・・
魚にとって「食べる」「消化する」「排泄する」という行為は体力を消耗するのだとか。
なので薬浴中はできるだけ体力の消耗を抑えるために絶食するんだそうです。

なんか可哀相な気もしますけどね・・・
元気なだけに。(^ _ ^ ;)

そしてこの「メチレンブルー」という薬、かなりのクセモノですね。
青い色が付いてしまうと取れないらしいので取扱注意です!!

そして今回、初めての薬浴でしたが、つくづく実感しました。
ヒーターやエアレーションは、こういう隔離用に予備を用意しておかなくては
いけないんですね…。(長期隔離なら濾過器も必要になりますね)
薬なんかもあらかじめ各種取り揃えておくと、いざという時に安心です。

何はともあれ、早く良くなりますように♪

-追記-
その後の経過ですが、一週間程度の薬浴で治りました!
金魚の飼育はもうかれこれ10年ぐらいになります。
実は私は魚のお世話はあまり好きではなくて(水換えとか面倒だし)
金魚のお世話もパパに任せっきりだったのですが…

先日、パパが熱帯魚を買いました。
そう、それがグッピーとの出会い。

水槽に顔を近づけると、警戒心なんてまるで無く、寄ってくるグッピー。

か、可愛い・・・*^^*

たとえ彼らの頭の中が「エサくれ、エサくれ」だとしても(笑)

それから一ヶ月。

すっかりnyanko夫婦の心に火がついてしまい…
なんだかんだで一気に大所帯になってしまったのでした。

アクアリウム初心者につき、日々トラブルとの闘い。
一つ一つの失敗を機会に勉強を重ね、知識豊富なアクアリストに
なれたらいいな♪と思っている所です。

皆様どうぞ温かい目で見守ってやって下さいまし♪
そして宜しければアドバイス等頂けると本当に嬉しいです!

では、現在の我が家の水槽を紹介しますね。

まずはパパが気合を入れて購入しました、60cmスリム型水槽。

大水槽1


これはもう、失敗の連続でしたね(苦笑)

初心者がやりがちな失敗 その1

『魚を入れる前の水作り』

少しは勉強していたんです。
塩素を抜いた水を用意して、濾過器を回した所ですぐに魚が住める訳ではない。

でも待てないんですよね。ヾ(°∇°*) コラコラ

という訳で、翌日には魚を投入!
可愛い可愛いグッピーがパイロットフィッシュに!!


初心者がやりがちな失敗 その2

『安全な水ができあがるまでは魚は少なめに』

と言われても~
熱帯魚って本当に綺麗。
ショッブで眺めていると、あれもこれも欲しくなってしまうものです。
おまけに最近ではインターネットでも生体が買えるようになりましたね。

という訳で。
パパが注文しちゃったのですよ。インターネットで。
宅急便で送られてくる事に不安はありましたが、なんとか無事に死着ゼロで到着!

いやいやいやいや、

どんだけ買ったんデスカ!!

・ピグミーグラミー4匹
・グリーンネオンテトラ4匹
・シルバーモーリー4匹
・シルバーチップテトラ4匹
・レッドミッキーマウスプラティ4匹
・ホワイトミッキーマウスプラティ4匹
・グローライトテトラ4匹
・コリドラスパンダ7匹
・クーリーローチ2匹
・ミナミヌマエビ8匹
・アベニーパファ2匹 ←これは私の強い希望で(笑)

一気に水槽が賑やかになったはいいけれど、正直、
ちょっと入れ過ぎじゃ・・・?(汗)

初心者がやりがちな失敗 その3

『エサのやり過ぎに注意』

これがまた・・・
数が数ですから、エサを入れるとそれはもうブワーッと寄ってくる訳ですよ。
それに水槽の掃除屋さんとして入れているコリドラス、エビ、ドジョウ系は
浮きエサを上がってきて食べませんよね。
下の方でハグハグしてるので、この子たちにも十分エサが行き渡るように…
と多めに与えたりして…
おまけに(人間の)子供が我が家には2人おります。
「オレもやりたい~」「りっちゃんも~」
もう最初の頃は、みんなエサがやりたくてやりたくて仕方ない訳です(笑)

はっきり言って、かなり「やり過ぎてた」と思いますです、ハイ・・・(^ _ ^ ;)


すると、どうなるかといいますと…
あっという間に、水槽の水は、この通り!

大水槽2


黄色く濁っていて、なんだか悪臭まで漂う始末。
水質の試験薬とやらを購入して検査してみました。(高かった~)

結果、まぁ検査するまでもないというお叱りの声が聞こえてきそうですが
魚にとって有害な、亜硝酸の値がMAXでした…(汗)
ついでに硝酸もMAXでした…(滝汗)

一日一匹ずつぐらい、魚が☆になっていく状況をなんとかせねば!
という事で、現在、毎日1/3程度の部分換水をひたすら繰り返しています。
お陰で魚は死ななくなり、水の色も少しずつ薄くなってきました…。
まだまだ試行錯誤は続きます…。


さてさて、メインの60cm水槽の他にも、我が家には水槽があります。

こちらは20cm角のミニ水槽。

グッピー水槽1


オスと混泳させていたら、あっという間にお腹が大きくなったグッピー♀を
3匹、隔離しています。
稚魚が食べられてしまわないよう、底に金網を敷いて上げ底にしています。
もうお腹がパンパンで今にも産まれそうな感じ。

グッピー水槽2


まだかまだかと、孫を待つ祖父母のような心境です(笑)

それからもうひとつ。
私がどうしても欲しくてパパに買ってもらったアベニーパファ(淡水フグ)
これが愛くるしい容貌とは裏腹に、他の魚と混泳させるとヒレをつついたり
してしまうクセモノだったと後で知り…(^ _ ^ ;)
急遽、フグ専用の水槽を立ち上げる事に。
こちらは30cmの水槽になります。

エビ水槽1


が、大事な事を一つ忘れてました。

ヒーターが無い!

ちょうどこの頃、日中の気温が30度を超えるような暑さ続きで、
室内でヒーター無しでも水温が28~29度を保っていました。

が、最近また気温が少し下がり、ヒーター無しだと水温が23~24度くらい。

なんと愛しのパクさん(←と名付けた)が動かなくなってしまって…。
調べたところ、アベニーの適正水温は25~28度だとか。

うーん。
ヒーターを買うべきか…。

と悩んだ末、


大水槽に戻しました。(°∇°*)

※ダメデスカ?(汗)

よく見てみると、ピグミーやレッドミッキーの尾びれが少しつつかれてるようですが、
今のところ、なんとか共存できているのでは?なんて思っているのですが…。

という訳で、この水槽には適正水温の低い魚を入れよう!という事で、
現在は、ミナミヌマエビ2匹と、コリドラスパンダ2匹が暮らしております。

ミナミヌマエビ


エビさんは可愛いですね。見ていて本当に癒されます♪
※パンダ君の写真はまた後日。

以上が我が家の水槽です。
水槽はすべて、キッチンのカウンターに置いています。
なんだか・・・
対面キッチンが、対面キッチンでは無くなりつつあるのは気のせいでしょうか(笑)

キッチン



おっと、忘れるところでしたが、実はベランダにも水槽があります。
屋上みたいな感じで、ちょっと広いベランダを庭代わりにしている私たち。

今日のようなポカポカ陽気の昼下がりには、
カメちゃんずがまったりひなたぼっこをしています(笑)

かめちゃんず


この子たちは、かれこれ7~8年前に、お店で無料プレゼント!でもらった
ミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)
当時は手の平に乗るぐらい小さかったのですが、すっかり巨大化し(笑)
今じゃ、子供の顔よりデカイかも…(^ _ ^ ;)

それから今までメインで飼育してきた金魚たち。
これまた巨大化した和金水槽、流金&出目金水槽と2つあるのですが、
現在水質悪化により、水が緑色になっていますので、また綺麗になったら
写真をアップしますね。

今はこの子たちが産んだ大量の卵が孵化し、パパは金魚ベビー育てに
必死です。

金魚ベビー1


去年初めて産んだのですが、結局去年は1匹も残りませんでした。(涙)
今年こそは、目標・金魚すくいができるぐらい!! 育ってほしいですね。

まだこんな感じ↓の小さな小さな稚魚たちです♪

金魚ベビー2



そんなこんなで、初投稿なのにすんごい長文になってしまいました…(汗)
あまりこまめな更新はきっとできないと思いますが (^ _ ^ ;) 少しずつ
貴重な体験の一つ一つを、記録として残していきたいと思っています。

よろしくお願い致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。