上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は子供の用事で朝から夕方まで外出していました。
夕方帰宅して、一番にエビ水槽を覗いたのですが・・・

朝はツマツマしながら水槽内を歩いたりしていたレッドビー、
エビシェルターの中でひっくり返っていました・・・o(T^T)o

ショックで言葉も出ませんが、kzyさんが書いて下さった通り、水がまだ
出来上がっていなかったのが一番の問題のようですね。

なのに、濾過器がしょぼいからダメなんじゃないか?とか考えてしまう自分、
まだまだ本当に勉強不足だと実感しました。

レッドビーをお迎えするには、まだまだ早すぎましたね…。

次にレッドビーをお迎えするために、この水をなんとかレッドビーにとって
良い環境の水に変えていきたいと思います!

そこでいくつか質問なのですが(最近、記事が質問欄になっちゃってますが…)

・バクテリアを増殖させるために、水換えは一切せず放置した方が良いのでしょうか?
・パイロットフィッシュ的役割は、ヌマエビよりも魚の方が良いでしょうか?
(沈む餌はふやけて広がって砂に埋まったりするので水がすごく汚れる気がします。)
・シュリンプバクターや、スーパーバイオ等の添加は効果的でしょうか?
・バクテリアが十分に繁殖したかどうかは、どうやって判断したら良いのでしょうか?


先輩アクアリストの皆様、
「アンタ、本当に何も知らないのね」なんて見捨てないで下さい!!


レッドビーの飼育はしばらく自粛しますが、いずれ必ずお迎えしたいと思っています♪
頑張りますので、どうぞご指導よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
私が管理している30cm水槽は、アベニーを入れる予定だったためエビ仕様では
ありません。

底砂も砂利ですし。
砂利

※コリのエサに群がるミナミさん、レッド君、パンダ君(左から)


少しずつエビ仕様に変えていかなくてはいけませんよね…
という訳で、こんな物を買ってみました♪

砂1


本当は砂利を全部取り除いて、新たにセッティングをやり直すのがベストなのでしょうが
なんせ極ミニサイズのレッドビーが、現在どこにいるのか確認できない状態…。
もう少しみんなが大きくなるまでは、下手にいじらない方がいいかなと思い、

砂2


砂利の上に敷いちゃいました(笑)


いやいや、でも黒い砂は、エビの赤が生えますね。

ヾ(°∇°*) チガウチガウ

映えますね♪( ̄∇ ̄*)


今ちょっと困っている事は、エサのやり方です。
そのまま砂の上に固形フードを置いてやってもいいんですが、時間が経つと
ふやけます。だんだんボロボロになっていきます。
エビって、魚ほど食欲旺盛という訳でもないので、どうしても残ってしまいます。
(まだ適切な量が把握できていないので…)

それを翌日スポイドで取るというのも、非常に面倒な作業ですよね。
砂の間に入り込んじゃったりして…。
(底面式フィルターのため、下へ下へ行ってしまうのかも)

なんかいい「エサ入れ」みたいな物はないかなぁ~と。

とりあえず、ありあわせの物でやってみたんですけど・・・

エサ入れ1

※ペットボトルの蓋です。


不評!!

誰も来てくれません。(涙)


仕方がないので、オブジェとして置いているガラスブロックの中に入れてみました。

エサ入れ2

※ガラスブロックの中からエサを引っぱり出そうとしているレッドビーたち♪



まだまだ試行錯誤は続きます・・・。

さてさて、ヒーターを入れていないこの水槽、
ここの所の冷え込みで、ついに水温が20度まで下がりました。

さすがにちょっと可哀相かなと思い、思い切ってもう一本ヒーターを買う事に。
ホームセンターに行ってみてびっくりしたんですが、サーモスタット付のは高いですね!
26度固定の物なら安価で買えるのですが、エビの最適水温は24度だとか。
26度固定式のヒーターを入れている60cm水槽の水温は27~28度ありますから、
やはりエビには少し高すぎる気がします…。

ん~、でもサーモスタット付きのは3千円以上するし…

しばし悩みまして、結局、固定式の物を買いました。(1,280円)

で、家に帰り、

「ねぇ、パパ。
ブラインシュリンプの孵化ってさぁ、厳密な温度管理、必要? ( ̄ー ̄にやっ

パパ「こ、交換してあげようか? (^ _ ^ ;)



交・渉・成・立♪


という訳で、1,280円で、Tetraのサーモ付ヒーターをゲットした私です♪( ̄∇+ ̄)v

ヒーター1

ヒーター2



おかげで水温も24度で安定しています♪

パンダ君たちも、なんだか嬉しそう?

パンダ君たち
3つある水槽のうち、中ぐらいの30cm水槽は、一応私の水槽という事に
なっています。(アベニーを入れる予定で買いましたからネ…)
諸事情でアベニーを入れられなくなり、ミナミさんとパンダ君を入れて
いたのですが…

やっぱり思っちゃうものですよね。


「なんか寂しいなぁ・・・」


私のコンセプトは、とにかく「水質安定!」
なんせ無精なもので、こまめな水換えとかたぶんできません…(^ _ ^ ;)
なので、「食べて排泄をするだけの魚」は入れないッ!と決めてます。

ミナミさんもパンダ君も、水槽の掃除屋さんとして名高いですよね(笑)

それを踏まえまして・・・

ついに買ってしまいましたデス。ハイ。


レッドビー1


レッドビーシュリンプ♪

初心者がいきなり手を出すかッ?!という感じなのですが(滝汗)
以前から、すっごく欲しかったんです!
でもショップに見に行ったら、1匹1,980円で売られていてビックリしたんです。
とても買えないですよ…。
どんなに奮発したとしても1匹が精一杯ってもんです。
・・・って、1匹じゃ寂しすぎるしって訳で。
ま、無理にレッドじゃなくても、ノーマルのビーシュリンプも可愛いなぁ♪
って、1匹398円のビーを眺めたりしてたんです。

が、ちょっとオークションで調べてみたところ、レッドビーの稚エビが、
10匹2,000円程度で落札できる事が判明。

買っちゃいました・・・(笑)

で、昨日届いた訳です。

死着補償分も含めて12匹、全員元気な姿で到着しましたッ♪♪

さて、どうしよう。
エビって、水質の変化にとっても敏感な生き物らしい…。
「水合わせは慎重に…」
「点滴法で1滴ずつ」
なんて話を小耳に挟んでいたのですが…(^ _ ^ ;)

さすがに1滴ずつなんて神業は私にはできず…(汗)
※普段、魚は20分ぐらいの簡単な温度合わせ程度で入れちゃってます(滝汗)

一応、慎重にという事で、温度合わせの後、ピペットで袋の中の水を1回取って捨て、
同量の水を水槽から取って袋に入れる・・・という作業を繰り返しました。

レッドビー2


私にしちゃ、すんごい頑張りましたよ!

実に3時間!!(10~15分間隔ぐらいで)この作業を繰り返しました!!

パパに「明後日ぐらいまでかかるの?」なんて言われながら…(笑)

それでも水槽に入れる時はドキドキしました。
せっかく遠路はるばる元気にやってきたのに、水合わせで失敗して全滅なんて
事態になったら悲しすぎますものね…(ノ_・、)


一応、第一関門は突破という所でしょうか。
水に入れた瞬間ショック死という事態は免れたようです(苦笑)
最初は環境の変化に落ち着かず、ソワソワあちこちをうろうろしていた
レッドビーたち♪

レッドビー3

※なかなか綺麗な写真が撮れなくて悔しいなぁ・・・か、カメラのせい?(コラ)


今回届いたレッドビーですが、大きい個体で1cmぐらい。
小さい個体は5mmあるかないかの、ほんとに小さな小さなエビさんで、
水槽に入れてしまった今、12匹全員を確認する事ができなくなりました(汗)

底面式フィルターを使用しているため、砂利の隙間から入っていって
フィルターに吸い込まれていないか、これが一番心配です…(^ _ ^ ;)
※ベースマット敷いておくべきでしたネ…
 当初アベニーを入れる予定で水槽セッティングしたもんで…(←言い訳)

砂利も、もう少しエビさん仕様の物に換えたほうがいいかなぁって思ってるんですが
なんせ現状、12匹全員を捕獲する事がかなり困難なため、
レッドビーたちがもっと大きくなるまで保留ですね・・・(^ _ ^ ;)

それにしても、レッドビー、ほんとにほんとに可愛いですッ(≧∇≦)♪

見ていて全然飽きないですね。
なんでいつも前足が忙しそうに動いてるんだろう・・・とか(笑)
おいおい、そんなトコ入ってっちゃダメだよ~とか
あ~、君はソコがお気に入りなんだね~♪とか。
つい見とれてしまいます。
キッチンの流しの真ん前にこの水槽はありますので…
キッチンに立っている時は、嫌でも目に入るんですね。
人参切ってても、「お!シャッターチャンス!」と慌ててデジカメを構えてみたり…
玉ねぎ剥いてても「ん?何やってるの?」とまじまじ観察してしまったり…

ん~、


家事が、はかどらないはかどらない!(笑)


ま、何はともあれ、
みんな、すくすくと育ってくれますように・・・♪

水質浄化の効果を期待して、浮き草を入れてみました!

浮き草1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。