上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出会いと別れ・・・

本当に残念です。

雛から大事に大事に育てて、半年かかってやっと卵を産むようになって、
これからという時期なのに・・・。

にわとりさん達、

手放さざるを得なくなってしまいました。

憎いです。

鳥インフルエンザ・・・

こんな驚異的な病気が世間で騒がれていなかったなら・・・

鳥を飼ってるっていうだけで、周囲をものすごく不安にさせてしまう。

ある意味、仕方ない事ではありますが、じゃあ病気が出た時に責任を取れるのかと聞かれたら、返す言葉がありません…。

街中なので…難しいですね。

周囲に家ひとつ無い田舎なら、きっとそんなに問題にはならないのでしょうが。

そういった解決困難な事情により、


3月3日、にわとりさん5羽、鳥取へと里子に行きました…

にわとり里子


既に色んな種類のニワトリを飼育していらっしゃる方で、今回の譲渡に際しても、新入りさんがいじめられないようにと、わざわざ鶏小屋を別に用意して下さった優しい方です。
気候が良くなれば外にも出して下さるそうで、きっとのびのび生活する事ができるでしょう。


そして・・・

3月7日、ウズラさん3羽、県内の方に引き取って頂きました。

この方も鳥が大好きな方で、既にウズラを飼育されており、十姉妹などの小鳥もたくさんいるそうで、お会いした所、とっても優しそうな方で「大切に育てますので…」と言って下さいました。


譲渡のお話を進めている最中に、愛知で鳥インフルが出て(しかもウズラ…)本当にショックでした。
一日も早く、ワクチンが安定供給され、安心して鳥を飼える日が来ますように…
と、祈るばかりです。

賑やかだった屋上が空っぽになり、寂しくなりました。(あ、亀がいる…w)

もうあの「コケーッ」の声も聞けないんだなぁ。
ほんのり温かい産みたて卵、それを産む陣痛の声、卵って、ニワトリがこんなに苦労して産むんだっていう事、この年になって初めて知りました。
鶏糞のクサーイ臭いも今となっては良い思い出です…。(ノ_・、)


そして、田舎暮らしへの願望が一段と強くなったのでした…。
スポンサーサイト
こ、こんにちは~・・・(控えめな声で…w)

ものすごくお久しぶりになってしまいました。(^_^;)
人間も魚も鳥もハムも元気にしておりますので、ご安心下さいませ♪

さてさて、久しぶりの記事は、久しぶりのピヨで行きたいと思います。
我が家のニワトリさんたち、生後5ヶ月になり、びっくりするほど
大きくなりました。

まずは茶色のニワトリ、ボリスブラウンの3羽。

ニワトリ初産卵1
左から、ナナコ、コケコ(ピヨコ改名)、ポテコです。
たぶん・・・(ヲイ)
色分けして付けていた足輪が小さくなり外してしまったので、正直なところ
誰が誰だかハッキリ解らなくなりました(汗)

ちなみにこの写真、ミルワームの入った容器をオトリにして撮影。
この子たち、頭の中は「食べる事」しか考えてないみたいなので、
3羽の動きがバッチリ同じで笑えます。

ニワトリ初産卵2


黒いニワトリ、プリマスロックは、まだボリスとは隔離しています。
鳥社会は本当に難しいです。(弱い子は徹底的にいじめられたり…)

ニワトリ初産卵3
左が黒ゴマちゃん、右がプリンちゃんです。

ニワトリは生後半年ぐらいから産卵を始めるそうです。
この子たちはみんな8月生まれ。
寒い時期にはきっと産まないだろうから、春ぐらいには産み始めるかなぁ♪と
楽しみにしているのですが・・・

今日・・・

ニワトリ初産卵4

ニワトリさんの卵、初収穫ッ!!
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
 しかも2個もッ♪

びっくりです。
ボリスブラウン、「産卵マシーン」と言われるだけの事はありますね。
まだ生後5ヶ月なのに・・・(;・∀・)
ウズラさんも、日照時間の短いこの時期に、まだ生み続けています…
(寿命が縮まってしまうので、冬の間ぐらいはお休みしてほしいのだけど…)

これからは卵を買わなくて済むかな?
楽しみです~(*^_^*)

我が家のニワトリの中で、一番人懐っこいのが、ポテコです。
鶏小屋を開けると、一番に寄ってきて、隙あらば外に出てきます。

ニワトリ初産卵5

ナナコとコケコも出たそうにしていますが、結局出てきませんでした。

ニワトリ初産卵6


一人で悠々と屋上を散策するポテコ・・・

ニワトリ初産卵7

この、ピン!!と立ったシッポが大好きです(笑)

ニワトリ初産卵8


小6の息子&ポテコの写真です。↑
我が家のニワトリがどのくらい大きくなったかがお解り頂けるでしょうか?


*≧▼)┛ ブログランキング参加中 ┗(∇≦#


卵は果たして誰が食べるのか?!(やや毒味的な役割でもあったりする)w
↓いつも応援ポチ本当にありがとうございます!!

  にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ フグへにほんブログ村 鳥ブログ 家禽へ
今日の記事は、書こうかどうしようか迷ったんですが…
自分達の記録のために、記事として残しておこうと思います。

我が家の黒いニワトリ、横斑プリマスロックの黒ゴマちゃん。
一番体が大きく、メタボ、メタボと呼んでいた黒ゴマちゃん。
誰よりも一番たくさん餌を食べて、丸々と太ってしまったせいか、
あまり動かなくなり、じっとしている事が多くなりました。
とまり木にも登らなくなり、いや、登れなくなったのかな…?!(;・∀・)
登ろうとして、ドタドタッと落ちたり、ドジでお茶目な黒ゴマちゃん♪

なんて思っていたら…

足がおかしい事に気付きました。

ものすごくX脚になっていて、かろうじて立てるものの、歩くのがつらそう。

捻挫? 骨折? はたまた何か悪い病気?

黒ゴマ隔離1

しばらく隔離して様子を見るも、症状はどんどん悪化し、体を支えてやってもフラフラするようになったため、動物病院に連れて行きました…。

結果、お腹の中に何か悪いバイ菌がいるとの事。
体が衰弱して、足が立たなくなっているので、足の問題ではないと言われました。

そして体を念入りに触っていた獣医さんが驚くべき発言を…


「もうね、ガリガリに痩せちゃってますね…」


Σ(´Д`lll)エーッ!!


この子、一番大きくて丸々してて、一番よく食べるんですけど…


先生曰く、鳥は羽で体をフワッと膨らませているので、なかなか痩せ具合というのは
わからないんだそうです。
胸のあたりを触って、骨がゴツゴツしていたら痩せているのだとか…。
それから食欲に関しても、食べているから安心ではないそうで。
病気を持っていて、本能的に「逆に食べなきゃ!!」という事でよく食べたりするんだそうです。

黒ゴマちゃん、このまま放っておいたら、死んでしまいますと先生に言われた時は
本当に衝撃でした。(足が折れた?レントゲン?ギプス?しか頭に無かったので…)

治療方法は、2種類のシロップ薬と、錠剤(半錠)の投薬を朝晩2回。
他の子と隔離し、1日を通して温度をできるだけ一定にして下さいと。(20~25度)
朝晩と日中の温度差が激しいこの時期に、かなり難しいんですが…(^_^;)
餌はできるだけ消化吸収の良いもの、タンパク質が豊富に含まれている物を
与えます。
市販のニワトリの餌に混ぜて下さいと、高価なフードを頂きました。(もちろん自腹)


投薬を始めてから5日。
まだ餌もうずくまったまま食べている黒ゴマちゃんですが、だいぶ足がしっかり立つように
なってきたように思います。

黒ゴマ隔離2

このX脚ですが、体が回復しても、もしかしたら真っ直ぐには戻らないかも?と
言われました。本人次第なんだそうです。
まぁ多少曲がっていても、普通に走ったりはできるようになるそうです。


時を同じくして、先日、雄のギンちゃんと交換して頂いた雌のプリンちゃん。
我が家の先住達よりも体が小さいため心配していたのですが、
首の回りの羽が抜けている事に気付きました…!!

いじめられたのか???

私たちの見ている所では、そんな風景は目にしていないので何とも言えませんが、
念のため、この子も隔離する事に…。

という訳で現在、2羽のプリマスが室内にて静養中♪

黒ゴマ隔離3


毎日朝晩、投薬のついでにケージから出して遊ぶのが日課になりました(笑)







そうだ。
元気つけるために、ご馳走あげようね~♪♪♪

ポチがいない1

ポチがいない2




先生、大変ですッ!!!

ポチが居ませんッッッ!!!!!Σ(´Д`lll)



繁殖目的で購入したポチ 750匹…




1ヶ月で完食ですかッ?!Σ(´Д`lll)


最後に、今回の動物病院での治療費に関するクイズです。

1. 良心的な 3,000円。
2. ちょっと痛いね 5,000円。
3. げっまじかよ!! 8,000円。
4. 入ってて良かった 諭吉君。



↓↓↓正解はココをクリック↓↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。